スリッパは切って聞いたが、にっこり笑った。「これは不意と呼ばれている。三月の娘は、他の人が私の名前の第一の反応を聞いて、。きっと私はナイ,フを使っていると思って、結局私は剣派の弟子で、それ自体が予想外だったのではないかと想像してみてください結局、手を動かすと、私は突然、強い掌法を出している。もっと年を取っているのではないか」と言いました弓矢、鋼弾、そしてたくさんの各シェーダ。は、三つの異なる角度から発射され、足のなえた阿二に向かってき,ちんと挨拶された。

この,。焼き餅に何の役に立つのか、この焼き力はどうですか
この成昆の弁舌も素晴らしいといえば、このような簡単な任務背景であるが、。この男は国の敵の憎しみのレベルに触れ、歴史と地域文化の,違いを話した彼の姿勢を見ると、盤古開天から話したい。
  • しかし、掌の下では、夜の未明には直接。相手に脱力状態を打たれ、左腕全体がひとしきり酸っぱい麻で、しばらく回復しなければならないか,もしれない。
  • 「田伯,光?」と言い。ましたこの然人が頭痛の名前を聞いて、殷はすぐに平一指に「平先生、この任務の目標は少し泥棒だから、交換できるかどうか見てみましょう」と尋ねた。
  • 「もちろん」夜未明、今回はとても爽快に承諾して、チベット星羽と二人の妹の困惑した目の中で、チームチャンネルで「私の計算の中で今回,の任務で現れた幽霊は魔法状態になると、普通の物理攻撃と内力攻撃に100% 免疫するは。ずだ。」と言いました
  • 何をしても腕はついに太ももに逆らえず、夜の未明。には不,満があったが、この任務を完成し、怒りを雲の鶴の体に移すしかなかった。

  • こ,の。ような先入観を持っていて、当初彼はシステム公告を見た後もあまり気にしていなかった。その結果、やっと狼王の死体。を手に入れた。食べられないと,言われた!

    ちょっと、ちょっと仕方がない。「結局、修,業点は貴重すぎて、淘汰され。る可能性のある武功に浪費したくない」
    しかし、このような軽い仕事をし。ている男は、今、不器用に表現されている。トークンを奪う人が包囲されるたびに、彼の反応は他の人より半拍遅く、毎回、他の人,が先にトークンを手に入れてから、他の人と一緒に殺します。

    梅念笙の。任務を経て、任務に参加した3人の小さな仲間はこの中元節の活動任務,について全く新しい認識を持った。
    静かに仕事をしながら内力を回復し、同時に文房四宝を取り出して、何かを書くつもりだった時、白い鳩が窓の外の雨幕の中に現れて、まっすぐ部屋に飛び込んだのを見た体に雨が少しも。かからないのは夜の未明の肩口に落ちて、,消えてしまった。