【O (﹏ 。﹏) otmd,、悔しいですね】 -- 殷損「張五侠は容疑がないとは言,いませんが、今の証拠は犯人を認定するには十分ではないと言いました」会話の間、夜未明に地上の死体のそばに来て、首のところの何枚かのシェーダを指さして「このボディーガードはシェーダで死んだ… 」「この手は爪の力で首を捻挫し、このボデ。ィーガードも…… 」

「夜の,兄弟も屠龍刀。を聞いたことがあるか」と言いました
わずか2分で、彼は,容貌の美しい白衣の少女を連れて演武場。に戻ったが、どの少女の息吹のペースから判断すると、相手は武功できない普通の人のように見えるのか?

    もともとこ,の比武招親は彼から見れば特別なシステム活動であり、とにかく「暇でも暇でもある」という気持ちでにぎ。やかになっていた。
    もともと、任務の目標が長楽の手伝いになったことを知った後、彼女の第一の考えは実は,規。則に基づいて訪問することだった。
    • 彼はまず体を動かして、自分が安全に孤独な秘。境から出てきたことを示し、「今中元節の活動は,もうすぐ終わるみんなはもう外に出て幽霊にぶつかった気分がないと思います。」と言いました
    • 退屈な道号が鳴るにつれて、身長2メートルの太った司祭が彼らの,いる巨石に飛び上がって、広い体が大きな太陽を。遮った二人に目の前の光が暗いと感じさせる。
    
    
    1. 三月はもうこう言った。夜の未。明にもう聞こえなくなったら、彼は直男ではなく、馬鹿,だ!
      1冊の心得秘籍を下,りて、本来は第2。級の「階段雲縦」をそのまま第6級に引き上げた!
      
      
      
      

      腕の上から伝わってきたドリルの激痛をこらえて。、夜の未明には後戻りせず、右手の青竹剣,が内力を注ぎ込んだ後、激しく突き出て、赤い少女の心をまっすぐに取った。その時、三月は突然目の前のシーンが少し,減ったように感じて、左右を見て、ついに「段正淳の男、どうしてまだ現れていないのか。」と口を開いた。