相手が死活して出てこないのを,見て、唐三。彩は思わず眉をひそめた
夜未明には、こ,の可能性がもっと高いと感じて、凌退思がプレイヤーに殺されないことをよりよく保証できるだけでなく。、任務の劇性を最大限に保証できるのは、ゲームデザイナーの愚痴に合っている。




鳩の会話を終えて、夜の未明にやっと心を静めて、カップのお茶の温度がちょうどいいと感じて、いっそ飲んで、そ,れに付いて筆を取り出した黄首尊が送った白い紙の見出しに、四つの大きな字を書いた 。--
「違いは、その円真和尚さんの実力が苦頭陀よりも強く、最後のステップで受け取った任務が同じ。レベルであれば。苦い頭陀を殺すのは比較的簡単で、もちろん利益を得ても真を殺すことは多くな,い、逆も同じである。」と言いました

このような先入観を持。っていて、当初彼はシステム公告を見た後も,あまり気にしていなかった。
しかし、この人が粗布を着ているのを見て、平頭の顔、目尻の眉の,先に千層の土気がにじみ出て、体の後ろに自由百歩の平凡さがある。。


ここを考えると、夜未明も。急いで勢いに乗じて反撃した。逆に急いで手にした尚方宝剣,を横にして「面白い、続けて!」と言いました
しかし、その青灯鬼火はこのトークンを自分で利用して夜未明に話しかけ、自分の手に持っ。ているトークンを積極的に見せて、夜未明にこのトークンの存在を意識さ,せたタスクの手がかりを隠すほど簡単ではない。

阿二は看護体を本,当に支えさえすれば、やはり無理に自分を傷つけないように守る。ことができる。
心の中では仕方がなく、夜の未明に飛花剣令を握った手はもう力を入れた。。この命を守るものは彼は簡単に使,うのが惜しいが、今は明らかに普通の時ではない。

  • 状況を見ると、ナイフの妹はすぐに「みんな下がって部屋に下がって!」と言いました同時に体の形が輝いて、す。でにすべての人が趙王府の前に楊,鉄心の父と娘を収容するための部屋に下がった。
    結局、これはゲームの世界で、プレイヤーたちは生死を淡々と見て、強盗という悪いことだけが、二人のプ,レイヤーを不。意打ちの敵にすることができる。

    実は、夜未明、グルメで相手との距離を引き込もうとしたとき、相手の突然。のトラブルに気をつけていた。今、葛昂守の殺意に直面して、計画の失敗を嘆いているだけでなく、あまり感情的な変動はなく、手の中の青竹剣が横になると、サイコロが2枚並んで粉々になったついでに焼肉をバックパックに取り戻し、同時に八歩ヒキガエルを追う姿を極限まで進,め、葛昂守に向かって突撃した。
    「,そして、私はもう一つの方法で彼の常態の本体も一。緒に殺した。それ以来、このnpcはいない。先生に会いたいと思っても人が見つからない」

    
    

    唐三彩。: 「人をののしってもいいですか。」と,言いました後者は、彼の幽霊のような魅力的な身体法によって、体が。漂っている間、自分のチームメイトがストレスの大部分に耐えながら、夜未明の剣法の範囲外から身を,引いた。

    ちょっと、また,「ところで、わざわざこんなものを作っ。てもらって、何をするつもりなのか」と尋ねた。短期間で、この工夫をフルレベルに上げたいと思っているの。は現実的で,はないようだ。