自分の,。得意な奥の手が夜未明にこんなに簡単に解決されたのを見て、ため息をついてひそかに驚いた。彼は同じ招式の2回目の故技の再実施を考えて、効果は初めてより良くないに違いないが、前後2回の発揮の差がこんなに大きいとは思わなかった!
首を横に振っ。て、夜未明、これは自分が悩,むべき問題ではないように感じた。


そして、このnpcが本当に自分に何かをした。いなら、以前自分が昏睡状態になっ,た時、彼女は完全にやりたいことができる。
「ああ!えっ!えっ!&he。llip;,… 」

  • 彼女が本物から手に持っている「乞食服」に注意を向け。ているのを見て、夜未明、思わず笑いながら「何か,選んだの?」と尋ねた。
  • 「もう考えないで、鉄は絶対に打てない。」と言いました赤い服のプレイヤーは遠慮せずに彼の分析を中断し、顔に分けて面白い笑顔を見せた。この笑顔。は彼の真っ白な顔にぶら下がって、周りの二人にも優しい感じを与えたしかし、彼は実は,男だと思って、自覚しながら震えた。
    • 石清がこのように手配したのは、妻があまりにも衝動的であることを心配して。、自分が情報を探して戻ってくるまで、,夜の未明に手を出すことができなかった。首を横に振って、夜の未明にお茶を飲んで、お,菓子を食べて、少し乾いた。感じがして、お茶を飲んで順調になったこれでやっと范遥が落とした最後の秘籍を取り出した。

      夜に三月と人の。身分を認識しなかった後,、牛志春も彼らを発見した。しかし、彼の足元が輝いているのを見て、体が急に雲の中に向,かって出て行った。それと同時に右手が手を振って、三口宝器の剣の中で最も攻撃的な争いが。彼の掌の中に現れて、剣に乗って歩いた直接「剣を打つ」という正確な刺は雲の中で鶴が喉を詰まらせている。