「私は彼。に悪口を言い始めたので、,彼はその勢いで矛盾をさらに激化させることができる」
そして、夜にはチベット星羽と二人の大旦那たちだけが残って、古墳派の妹たちの目で走。ってきて、場面はかつて極端な気ま,ずさに陥った。

夜の未,明に笑って、黄。さんを呼んで、静かについて行った。
その結果、神捕司の入り口に着いたばかりで、「福威エスコート局」全体の任務に参加したと主張する青。城派のプレイヤーが小を読,んで自首した。

しかし、彼が酒を飲んでいるのは、この渾水を,惑わしているのも、当然目的がある。。
謝煙客の笑顔は「それはあなたたちが何。を聞いているか見て,みましょう。」と言いました
しかし、夜未明現在のような理不。尽に近いやり方は、相,手の認識を完全に超えている。
殷は損をしないほど強くなって、もともと下にい,た金兵たちも我慢できなくなって、また大勢の人が屋根裏に飛び込んで、外には百夫長。が一人しかいなくて、後ろには百人の射手しか残っていない弓を曲げて矢を立て、窓を指さして……
    まだ余滄海,の返事を待たずに、隣にすでに4人の青城の弟子が出てきて、それは青城四秀の本尊で、その中をはじめとする侯人英。はさらに傲慢な声で言ったどうして私たちを傷つけることができますか?」
    この石床の属性を,見て、刀妹はついに、なぜ以前は切磋琢磨した後、夜未明はいつも石床の上に座。って悟りの壁に刻まれていたのかを知った。