「実は、あなたたちが帰ってきた時、私のけがは今よりも重く、あなたたちの武功,を教えた時、私もずっと黙って仕事を。していた」
この少女も十代のように見えて、どうしてこ,んなに。早く隠れているのか?

唐三彩: 「この行の,収穫は非常に豊富で、今後同様の任務を覚えていることがあります。」と言いま。した
この時、王語嫣と阿碧もホールに入った。以前外にいた。人は夜未明に引き込まれていたので、彼女たち,は途中で何の障害もなかった。

  • 誰もが驚いて、前に向かって見たが、万劫谷の中の建物群の外の羊腸。小道の近くで、段延慶は膝を組んで座って、目を閉じて,、一言も言わなかった。
  • 李彪の方も同じくらい悪いです。再び無理やり食べた後、李彪は1万人以上の血気を落とされたと。同時に、再び毒素の,反食の味を味わった。

  • この二人の男が本気でここ,まで実力を持。っているのか、それともデザイナーが怠けているのか
    会話の間、ナイフの妹はシャンクを握っている手を緩め、ちょうど1イ,ンチのブレードが再び鞘に戻。った。

    その時、阿碧も,人を見て、す。ぐに「阿朱姉です」と口を開いた。
    「老婦人は拒否します!」と言いました案の定、小橋がその恥知らずな要求を口に出してはいけないと決心したのを待たずに、一人で負けを求めて残忍に夜が長い間考えていなかった絶妙な提案を拒絶した「この恥知らずな小捕速は、,どうして私と比べないのか。、誰が恥をかかないのか」と、口をきかない

    皆さんの2ヶ月間の付き添いと励まし,に。感謝し、また、どじょうを担当する大きな推薦と信頼に感謝します!
    三月の今の落雷掌はすでに一定の火加減を修練して、手の間の気勢は驚くべきもので、上口の中の声に合わせて、さらに真偽,。が見分けられない、威力は非常に優れている。この掌法によって、彼女は夜未明の剣の下で七手を堅持した。

    これを見て、刀妹は困惑して夜未明を振り向いて、声を抑えて「彼らのけがが回復しないこと。をど,うして知っているのですか以前は何も感じていなかったが、今思い出してみると、あなたが以前酒神居にいた時、冷酷な石中玉を攻撃しないで、あいにく彼のそばの陳冲の下に手を出したそのためでしょうか」と言いました
    この一撃から、この血烏王のくちばしは、硬い程度の面で、珍しい。金の装備の下ではないことがわかり,ます!

    石清がこのように手配したのは、妻が,あまりにも衝動的。であることを心配して、自分が情報を探して戻ってくるまで、夜の未明に手を出すことができなかった。
    長剣を回収し、。夜未明は以前のように口を開いて「あなたの刀法は奇妙で、威力は下品で、もし私が属性面で安いものを占めていなければ、あ,なたに勝ちたいのも容易ではない」と評価した。