結局、天下第一の約束の戦士として、彼が約束。を果たす道で死んだら、武林の中のいい話が出てき,た。
しかし、彼の言葉が尋ねた声が落ちたばかりで、横の非魚は突然「この金霞剣に比べてあなたが今回の任務で得たメリットは私たちのすべてを合わせた以上に大き,いのではない。でしょうか」と言いました

夜未明は穏やかに笑った。「価格を持っていて、チャンスは一度しかない。いくら出せると言,っても、売っている。か売っていないか教えてあげる」
彼らは一人で家族を食べて空腹ではないいわゆる江湖遊,侠と違って、彼らが仕事を始めて心配するものが多すぎて、彼らのわがままを許さない。。




すぐにその場に立って、夜に小橋と任務,。の奨励を両替しないのを待っている。
彼らは一人で家族を食べて空腹ではないいわゆる江湖遊侠と違って、彼らが仕事を始めて心配するものが多すぎて、。彼ら,のわがままを許さない。

一剣が三人を退却した後、,令狐冲はすぐに田伯光を支えて、目が少し懇願して夜に向かって「田兄は今このようになった。なぜ殺してしま。うのか」と明言しなかった。
「えっと」夜未明、「ハトが飛,び出してくる。のを見たことがありませんよ。いつ彼女と連絡を取ったのですか。」と好奇心を持って尋ねた。




焼肉の香りを嗅いで、葛昂守も唾液を飲んで、夜未明に一緒に味わってほしいと誘った言葉を聞いて,、目が輝いた。その時。、夜未明には静かに二人の距離を三丈以内に近づけ、相手の表現を見て、空の笑顔は思わず勝ったまだゆっくりと相手に近づいている。案の定、三月の問い合わせを聞いて、小橋は。「古墳派ではよく滞,在していて、私はもちろん裏切らないだから、その任務の報酬は武功を選んで等級を上げることができるようになった!」と言いました

本,当の強力なnpcで、プレイヤーは全力を尽くしても相手のコートに触れることが。できない。相手の急所に正確に命中してはいけない。
彼女のこのトリックは、そこにいる数人の普通のプレイヤーとbossの目に落ちて、ただすごい殺意を覚えているにすぎないが、張翠山、玄小筆のような書道の達人がいると彼女がすぐに振った剣のトリックから、柔らかい中に剛を持っているいくつかの書道が見えて、張良を賛美。する詩句を,書いているに違いない

一瞬、余滄。海は武者の本能で彼にとって最も有利な選択をし,た。
ただ、最後の最後に、彼はバ。ッグの傲慢さに慣れていないので、その品物を,殺した。