そうでなければ、夜未明に彼らに混乱させる,前に雲華上仙を。必死に死なせ、その追撃任務を早めに終えた。
事件全体の前。件の結果を聞いた後、夜未明にそっとうなずいた。「あの七七は今回の任務の抵抗になるようだ」,

唐三彩: 「夜の兄、失礼ですが、あなたはデザーにいると感じてい。ます。」と言いまし,た
殷は「これはもちろん大丈夫で,す。が、どうして突然この物語に興味を持ったのですか。」と言いました

夜未明まで座っていた位置に目を向け、。呉さんはひそかにこぶしを握りしめ,た。
驚いて、非魚はすぐに自分の状態を見て、突然大声で「誰も入ってはいけない、私は,中毒だ!」。と叫んだ。


この任務はもともと刀妹の最大の秘密の一つ,だったが、二人はすぐに一緒に任務品を提出すると思って、刀妹は躊躇した後、正直に答えた「湛江城に行って左博彦というnpcを探して、「玄氷碧火酒」という特。殊な薬酒を作るのを手伝ってもらった。しかし、その前に、私たちはまず玉門関に行って、何かを持っていく必要があります。」と言いました武当の先祖の先生は江湖人ではせいぜい「真人」と呼ばれているだけだが、目の。前のこの顔を集めた男は、なんと名前に「上仙」と,いう字をつけた謙虚さが何なのかさっぱりわからない。

魔体は比蒙を強,く揺り動かし、万鬼幡は死霊法師を吊るし、血神刀を溶かして巨大な龍を虐殺する… は...。これは天劫に落ちた魔道の巨匠で、ファンタジー大陸にタイムスリップしてもタフな物語です。
書友「千人の悲しい青い雨」が受賞した100スタ。ートコイン,に感謝します!

両手で非魚の肩口を支え,て、自分の親友が突然足を踏み外して転んでしまうのを恐れているかのように、唐三彩は夜未明に「夜。兄、あなたの考えが多い目の前のトラブルを解決する方法はありますか?」と言いました
白雕は何かの信号を受け取ったようで、突然高らかな。鳴き声を出して、身をつけて,、らせんのルートに沿って、下の五里長亭に向かって飛んできた。