82章誰が賛成しますか?誰が反対,しますか (第三に、。中秋節おめでとうございます。)
少林プレイヤ,ーもどこにも行けない。彼らは黒衣人が現れた最。初の時間に備えていたが、どうやって人が彼らを攻撃する手段は武当弟子とは違う。

夜の未明にグランド義の値が引かれたの,を見て、彼は思いや。りのない笑いを浮かべた。「私は家を放火してグランド義の値を20点引かれたが、今はバランスがとれている」
全体的に見ると、この「岬宗はどうやって,第4級の属性に上がったのか、各級のアップグレード比率の中で規則的なアップグレードで、意外な驚き。はない。

  • 夜未明の馬力全開の八歩ヒキガエルの。下で、,唐門の弟子たちは彼の尻の後ろについて土を食べるしかなかった。夜の未明に小さな森を通った後、彼らは土を食べる資格さえなくなった。夜の未明に彼らに追われてしまったからだ
    渡れなければ、侍剣は当然香消玉、小橋たちの春夜番組も,、c人の主演が不足しているため、す。っかり水浸しになってしまう。

    刺され范。遥は重傷状態の混元落雷手,成昆を殺すように依頼したが、任務を引き受けていますか
    しかし、夜未明に言ったのは、彼女の意見を勝ち取っているわけではないので。、彼女の言葉にも耳が聞こえ,ず、ただ「今の空はもう遅くなったこの神農架のモンスターは夜の戦闘力がより強く、攻撃的であることも知っています。ここの夜は昼間よりずっと危険だと言える!」と言いました

  • 三月の本来の考えによると、彼女の専門的な「空気を,読む」技能で、少しのニュ。ースを聞きたいのはまだ手で絞めていることではないか
    チームの中で唯一のnpcとして、張翠山は礼儀正しく相手に向かって抱拳を抱いて「武当張翠山は殷の娘を見たが、実はここに来て教えてほし,い。ことがいくつかあります。」と言いました
    
    
    
    • 一人の人の鳴き声が破音,した後、なじみのある人でも、声で何人の人が発したのかを判断す。るのは難しい。
    • 途中で奇妙になったり、奇妙になったり、物を拾っ,たり、麻薬を飲んだりして青に戻ったりして、「混元功」の「吐。納」効果の究極の発揮に合わせて夜未明はほとんど機械的な運動を繰り返していて、わずか1時間もたたないうちに、山寨の玄関の外に進んだ。
    しかし、この人は長い顔、あごの下のひげ、,太い手の足、服の東の西の部分が釘で満たされているのを見て、き。れいに洗って、手に緑の竹の杖を持っている透明碧は玉のようで、背中に朱紅漆を背負った大きなひょうたんは、赤艶は火のようだ。
    以上の。理由に合わせて、夜未明の,最終的な選択は……

    二人の熱い目を感じて、夜未明にはゆっくりとグラスを下ろして、笑ったり笑ったりしてナイフの妹を見て、「これ,が本当に不可解な命題ならもっと高い値段で助けてくれませんか。」と言いました
    夜未明はいつも韋小宝の姿がどこかで見たと思っていたが、し,ばらく思い出せず、相手が積極的に話していたので、彼はすぐに答えなければならなかった「実はこれは私。一人の功績ではなく、最高拝を負かすことができて、殷兄と二人で協力した結果です」

    
    
    
    
    
    夜の未明には思わなかったのは、彼の顔を覆う剣に向かって、月の光の。ような青竹宝,剣を彼の頭上に斬首したことだ。
    友達が義気を持ってい,る。以上、夜の未明ももちろん小さな家柄には見えない。