「瞬き千里」に加えて、原湯化原食の作用で、252000点。「瞬き千里」の熟練度,になって、この軽功を再びランクアップしたレベル7からも一歩しか離れていません。刺され受動的な技能。「検視法」がスタートして、本当に前の隅に近い部屋の,ドアと窓が閉じて、周りの梅の木が枯れて、陰気で森のように見えて、とても変わっている。

  • 再び青竹の秘境に入った後、夜未明に腕をひっくり,返したが、直接「争鋒」を取り出した。今回の挑戦。で、彼は暴撃流をするつもりだ!
  • 今、すべ。てが終わったら、七脈会武任務が,終わる時間が来るのを待って、韓小莹に彼女のところに預けられた青竹杖を取り戻した。


    こ。のように、二人は戦っていて、,行軍のスピードは非常に遅いが、彼ら二人の等級を急速に向上させた。
    そういえば、夜未明に見た高級npcも少なくない。その中で、200級のトップの大男だけで3人以上見たこと。があるが、その3人には彼もこのような言,葉を口にしない能力を見たことがない。

    「六脈神剣」。の剣譜を手に入れた後、最初の時,間に勉強を選んでいなかったのか?】 -- 夜未明
    夜未明には特別。な良いものが隠されていたと聞いて、幽霊がいくつかの憂鬱な仲間にぶつかって突然興味を持ってきて、好奇心を,持ってナイフの妹の口の中の石床のことを尋ね始めた。

    • 反対側の小橋は,突然「夜の兄、あなたが言った寒潭白魚は、絶情谷。底から生まれ、断腸崖の下の寒潭白魚ですか」と口を開いた。
    • 少なくともこの,破綻を把握して、対処するのは普通の85級bossよりず。っと簡単だ。
  • 「天下無敵の手を打つ」と呼ばれているのは、必ずしも名実ともではないが、手にはある程度の工夫がある。少な,くとも、手に入れることができるという点で、夜の未明に馬をた。たいても人に追いつけない。
    夜未明に「剣人」の称号を変えることが。できないことを知った後、すぐに自分を嫌悪し始め、一人で負けを求,めて思わず遊び心が大きくなって、にこにこ笑って尋ねた「私の願いが完成していない以上、あなたの余分な任務報酬は、私も与えなくてもいいのではないか」