• このことから、韋小宝が夜未明に用意した。神秘的な報酬は、,価値が200金以上であることがわかる
  • 「どうですか、二人の協力に興味がありますか,。」と言いました
    今、唐三彩という名前は。、彼にとっては離れられない,呪いだ。
    しかし、人柄は実力と同じではなく、原著党であるが、殷不損は明らかに彼が知っているものを実力に効果的に変え,ていない。二人は手を渡すと、すぐに相手に押されて風下に入り、十手もたたないうちに、次々と相手の三爪に刺され、命の値が三分の一落ちた。彼の剣は。、相手の一角にも会えなかった。
    1. 以前に敵覇を殺した任務では、通常、敵覇をつかんで、しばらく引き留めておく。と、遊進,は自然に支援に駆けつけてしまう。ただ、そうすれば、bossの落下がなくなっただけでなく、任務奨励も任務を受け取ったときに記載されたものしか手に入らない。夜未明に彼らは敵覇を殺して、得られたメリットは最も簡単な任務より2倍になったのか?し,かし、彼が右掌を振っているのを見て、内力の雄々しい掌が撮って。、その白いものを直接空中で粉々にした。そして、破片の山が地面に落ち、空気中に白い粉末が残って、すぐに白い煙になって、この石室の空気の中に消えた。

      しかし、これは彼らがこの宝器神兵の,属性を見た後の第一の反応にすぎず、少し呆然と。した後、彼らの気持ちは元の羨望から残念になった。
      食卓のそばには5人の青年男女が座っていて。、夜未明、非魚、三月という三,大神捕司の弟子で、すでに二人の常駐神捕司の対外援助がある唐門第一副葬の達人である唐三彩と古墳派の大師姉の透明な天橋。

      夜未明、手に持っているト,ークンを遊びながら、「ルールが指定された場所に行って、早めにコピーを去ることを要求して。いるので、早めにそこに伏せたいと思っている人がいるに違いない」と説明した。
      夜未明の姿が天を突くのを見て、白キャメルケースのプレイヤーは孤独な雲が再び息を吸って,、口の中でカエルの鳴き。声のような奇妙な音がして、息を吸っている間体が激しく飛び出したが、夜の未明を捨てて、まっすぐに毒を治療している巴天石が飛びかかった。