昨日自分と小橋のそばを通り過ぎた赤い姿を考えると、こ。の妹の浮き上がった姿だけが、二人を反応させることができないよう,ですね
小橋は攻。撃を続けているが、夜未明に刀妹と口を,そろえて「退却!」と叫んだ。

外見は成熟して落ち着い。ているように見えるが、目の中に,はいつも邪気がにじみ出ていて、彼の本来の優れた姿を破壊してしまった。
彼がそうするのは、もちろん秦南琴を殺すためで,はなく、ただ相手が突然大声で叫んでしまうのを防ぐために、。事前に準備しただけだ。

  • 前と後、一番手をつないだが、苦い頭陀は夜に西子の抱擁心を覚えて,いない、人鬼の同道を覚えている、潜龍を覚えてはいけない、。弾指神通を覚えている!
    流雲はうなずいた。「もし私が。間違っていなければ、李莫愁はあなたたちの提案を,拒否したのは、その10年の約束を除いて、もっと主要な原因は、やはり彼女が陸展元に愛情を持っていないからだ。もしあなたたちが陸展元を復活させ、彼女と結婚する能力があれば、彼女に武功を捨てさせても彼女は承諾するかもしれない。」と言いました

    シェソンの言葉が終わると、チームチャンネルには。「夜の兄弟、あなたを見た」というニュースが届,いた。「そうですね。」と言いました会話の間、黒い服の男が反対側から来た。「私のところで,ちょうど任務をして良い剣を手に入れたので、まず品物を見てから、値段を話し。ましょう」

    第450章私は調,教師です (盟主。の篠倉浪人に3/10を加える)夜未明すぐに,タスクバーを呼び出してポイントランキ。ングを見た。

    だから,、彼は夜未明に大声で叫んだ「今だ」という言葉を気にしないで。、毅然として再び実力を結集し、また炎の刀を打って夜未明に向かって切り裂いた。目の前の景色が変わると、夜の未明に開封都。の,駅舎に現れた。