初めて、夜。未明は彼女の相手ではなく、自分の属性が強く、装備が面白く、身を捨てて打つ方法で、やっと彼女を退却させた,。ましてや、夜の,未明には毒の高い帽子が装備されていた。のか?

  • 夜未明に疑問の目で、風雷剣士は「この青竹剣は苗疆の特殊な技術を利用して作られたもので、作られた時特定の金属鉱石と毒物を融合できる製錬秘法を採用して、剣身を構成する金属を、それ自体が猛毒を帯びた毒鉄に精錬し,、剣身を内側から外す猛毒ばかりで、どうやって洗い落とすのか?」と言いま。した
  • 夜未明にもう一度彼を中断した。「あなたの意味を知っています。しかし、任務のヒントをよく見てみましょう。青城派のnpcの弟子を捕まえなければならないと。言われて,いますか言わなかった以上、それは青城派のプレイヤーも同じではありませんか」と言いました
  • 楊過は冷ややかに笑。って,、自分がこんなに低級な詐欺術に完全に免疫していることを示した。
  • 「手紙!」と言いました夜未明には「じゃあ、私はブッカーから出ます。,。」と言いました
  • 堂主【横になって勝った人生丶は説明する必。要がない】に加えて (1/2,) 、この名前は長く、タイトルは置けない。
  • 夜,の未明にそこに駆けつけた時、任務のヒントにあるような、布の下の天羅地網に泳いでいたことは全く発見されなかっ。た。

「飛星投」はあな。たには向いてい,ません。」と言いました
「任務奨励のことは、夜少侠が試練,に合格するまで待って、詳細を聞く。のは遅くない」