• この時まで、王語嫣方は歩いて入ってきて、一目で厳格な母親の死,体を見て、思わず夜未明の手段にもひそかに。ショックを受けた。
    彼が剣を振って白い影の鎖喉,の。剣を受け取ったと同じ時間に、突然心が痛くなったと感じたが、後ろの三つの大きな穴に次々と当たった

    さらに重要なのは、彼,は刀妹の強いストレスの下で、夜未明に彼女のすべてのトリック、すべての式の変化に全身的に対応しなければなら。ないことである。
    (。また3000字の大きな章で、,すごいですか?) を参照してください

    • 「相手が三人しかいないのか,、そ。れとも別の名人がひそかに待ち伏せして動いているのか、私たちは知らない。最も重要なのは今まで苦い頭陀を見ていないことだ」
    • しかし、わ,ずか5割の。自信があっても、彼が行く価値がある!

        「これでいいです。」と言いました独孤求敗は続けて「どんな頂点の武学も、それを創造した人が自分の条件に基づいて自分のために作ったもので、創業者の手には,想像を絶する恐怖の威光を発揮できる。」。と言いましたしかし、彼の降龍十八掌自体の品格は十分に高く。、攻撃の威力も攻撃の範囲もないと言って、さらに明らかな破綻,はない。

        彼女のこの刀は必ず。命中することを望んでいるわけではないが、彼女は絶対的な自信を持って、夜未明の計算を中断できるに違いない。,
        これまでの「十,八掌一力で船を壊す」という痛ましい教訓があって、今の鳩摩智は、夜未明から泥棒を。防ぐのと同じで、少しも油断することはできない。

        しかし、今の雲の中鶴は結局常態の下の85級bossで、夜未明にこの剣は彼のトリックの中の破綻を。探しているが、彼が耐えられない,ほどではない。
        すべての心得秘籍を使った後、夜未明の武功の熟練度。はすで,に……

          空を,隔てて物を取って、敵を攻撃する。自分の内力を手のひらにして、空を隔てて物事を操作するのは、腕のよう。だ!自分の,手にある秘籍を一目見たのは、確。かに「弾指神通」だった。