これといえば、彼と同じ,「全。真剣法」を修練した楊康が来たことを思い出した。
平一指。は彼の,頭を揺らし続け、婉曲に「だめ!」と言った。

夜の未明に姿を見て驚いた。「半月も会わない。と、あなたの子供の実力は大きく進歩して、軽い仕事も以前,よりずっと早くなった」
取引が終わった後、夜未明に新しい武器を手に入れた後に活,躍したい牛志春を見て、直接相手にチーム招待を出し、相手が同意した後、笑い。ました。実は、私たちは今日、幽霊を捕まえる良い場所を見つけて、他の場所で一時間も幽霊に出会うことができない、その場所では、5分以内に必ず会うことができる。」と言いました

  • 牛志春の挑戦に対して、小橋はあまり考えていないが、,明らかにうなずいて、声がいいと。言ったが、人はもう一歩先に土俵の上に落ちた。しかし、張三豊が殷に損をしないことを説明しようとしているのは、彼の夜の未明とは関係なく、彼は今静かな場所を探してこの「階段雲縦」を勉強しなければなら。ない田伯光からもらった「軽功心得」を使って&he,llip;…

    二人は警備員の後ろについて皇居に入って、笑っていない三月を我慢して、好奇心を持ってチームチャンネルで「アーミン、あなたは口先で損をするのに慣れた人ではないことを覚えていますねどんなに牛が割ったbossに出会っても、怼は,怼になるべきだ。どうしてあの皇居。を守っているのに、帰ってこないのか」と言いました
    「その七七七が,いつ店に現れるか確認できますか?自分で彼に会いに行きた。い!】 -- 夜未明
    
    
    • 建助令のような価値のあるものは、七七七は絶対に食べら。れないので、夜未明にはチベット星羽と連絡を取る考えはなく、直接ハト伝書,の三月である。その後、夜未明に手にした金光剣が剣刃を内側に高く持ち上げ、自分の下腹に向かって激しく突き刺さったのを,見た。。