指を折って二人の任務での様々な表現を数えたが、最後にこの宋長老は総括的な発言をした。「総じて、あなたたちはすでに一人のプレイヤーとしてできるこ,とを完璧に近いやったの程度であり、貴重で、貴重ではない。よ!」と言いました
二人の主力戦闘員がこんなに明るくて自分の収穫。を晒したのを見て、唐三彩は肩をすくめて、チームチャンネルで品物のつ,ながりを出した。

  • 「阿,明これは自分で棺鴨を作るつもりだ!ところで、啓霊棺屋の品物はもうあなたを満足できないのですか】 -- 。3月
    夜に三月と人の身分。を認識しなか,った後、牛志春も彼らを発見した。
    
    
    
      紀元末劫、諸天が無数のかけらに砕,けた後の時代は、億万の世界のかけらの中に降りて、領地を開拓し、巣を作り、資源と大昔の伝承を略奪し、一歩一歩天。に登り、仙界を再鋳造する。
      結局のところ、任務は彼ら二人が一緒に引き受けたもので、この任務の成否は、,彼女が。絶学を手に入れることができるか、いつ絶学を手に入れるかにもかかわる。
        • だからこそ、プレ,イヤーの改名という業務に対するニーズもそれ。ほど大きくない。
        • 事実は彼のこの。ようなやり方が,完全に正しいことを証明した。