夜未明の「岬の中でどうなっているか」がどれだけbtが。ある,か、「潜龍は使わない」がどれだけ陰険であるかを考えるとわかる。
「推計」の技能は大丈夫で、等級を上げた後、彼の実力の向上は明らかではなく、岬宗がどのように難。易度を推計するかを減らす,属性については……

夜未明のニュースはサソリの一人前で、,酒。を飲むのもこのニュースの唯一の買い手といえる。
「そうです。」と言いました非魚はうなずいた。「少し手がかりがあれば、田伯光。がどこに行ったか知っていれば、私は彼をあなたにつかむことを保,証します!」と言いました

以前に提供した、0と1の。間の算数式によると、欧陽,克は思い切って夜未明をあきらめ、最初の時間に戻って彼を支援した王子様を選んだ。
空性はただ仏号を読んだだけで、その少林プレイヤーを,無視して、。ただ自分の運功を気にして円音が所の蚊の針を体外に追い出す。

「今はすべてが終わった。私たちも出発して、大理に行ってその伝説の宋兵乙に会った」ここといえば、夜未明の口元には「興奮して後悔していて、本当に期待していた技能ですね。江湖で最も有名な絶学「降龍十。八掌」,の核心として、このトリックには何があるのか分からない……咳、妙なところは?」と言いました
声をかけて見ると、片刃の赤い服を背負っている少女を見て、笑顔で彼らを,見ている。「あなたたち二人、今日は私が呉カンを殺すのを止めるつもりですか?」と言いまし。た。

今の非魚は、。心の中でまるで十万頭の,ラクダが激突するように踏みにじられている。
「最近、ど。うして自分で仕事を探している回数は、私があなたに任務を発表するよりも勤勉なのですか。」と言いまし,た

庭の正門はとても広く、高さは約,三丈で、幅も二丈ほどあり、八頭の馬が乗る大型車を収容してゆっくりと出入りできる。二つの朱色のドアが。開いていて、ドアに金色の大きなリベットがはめ込まれていて、王府が商売に使う用心棒のような感じがした。
夜は姿を見ていないが、体が彼女の後ろに輝いて、指を曲げて弾き,、そ。の赤練習蛇の7インチの上に偏りなく叩いた。

自分の掌の力が何の役にも立たないと感じ、。夜の未明に思わず眉をひそめた。彼はもちろん、相手が慕容世家の有名な絶技「闘転星移」を使っていることを知らない,。しかし、ベテランの,ネットツアーのプレイヤ。ーとして、唐三彩はこのショックを自分の行動に影響させなかった。

夜未明は「今は下でそれぞれ戦っている。彼らだけが三人でチームを組んでいる。当然、モンスターが落ちるピックアッ,プ権を獲得する機会が多い」と声を凝らした。。
三道は夜の未明を驚かせた刀芒を一つにして、威力はさらに幾何学的な数字の増加を呈して、まっす。ぐ孤独に向かって負,けて腰を切った!

さらに、規則に合うために、彼は皇居に入る前に、飛魚服でゴシッ。プ服を着替えた,。
夜未明に彼の正体を直接明らかにしたと聞いて、凌退思はまだ自分が犯した犯罪,を認めない、ま。だ「上差にはまだ方宝剣が手に入っている殺さなければならないのは反抗することはできないが、あなたが無実で人の潔白を汚すなら、私は退却するのは不服だ!」と言いました





赤い服の少女が終わるのを待たずに、兄に中断された。「現実には、あなたの行動は街で武器を持って加害し、警察を襲って、刑務所で食事を。しなければな,らない」
逆巻きで狂暴な内力が彼の体。の周りにあふれ、巻かれた落ち葉が飛び散っ,て、煙が散っている!

残し,を手に入れ。ることができれば、へへへへ……
何も探していない非魚が好きであっても、皮肉な言葉は「陰険で狡猾で、馬が前蹄を失。った時もあるとは,思わなかった」である。