手に鉄爪鋼の杖を回す。と、夜未,明の喉に向かってまっすぐに来た。これをオークション,に落とすと。、宝器を持っていても、金の準備価格しか売れないかもしれない。

夜の未明の朝に出発して、蘇州から馬車に乗ってすぐに鎮江に来て、まず荏と急いで会って、それから刀妹と一緒に超崖に駆けつけて、道のりは約。30分歩いた。謝煙客と会って、白黒双剣に連れ去られるまで、前後5分以内であ,る。
親切は。ロバの肝肺とみなされ、夜の,未明には憂鬱と呼ばれた。

「,装備を売って来たわけではありませんか」と言いました彭長老は「私のところでは装備回収の商売しかしていません。何も売っていなければ戻っ。てきて、遠くないことをお許しください」と顔色が急になった。
出師が先に死んでいないとは思わなかったが、自分はなんとこんなに混乱。してこのbossに穴を開けられて死んでしまった,!

  • 今になって、夜の未明,。にやっと突然、この二人の妹の口の中で言った恩返しは、夜の未明に彼らが誰に恩返しをするのを助けるのではなく、彼女たち二人は夜の未明に恩返しをしなければならない!結局、他人の子供を脅迫としているのだから、このようなことが出てくると言うのはよくない。左子穆の前の表現がどんなにひどくても、彼らがそうすれば、他の江湖人では五十歩も笑っていて。、誰もどこにも行けない。,

    そして。、彼は三月二人と一緒に手を出して、絶対に八割以上の,自信があって、直接相手をここで殺すことができる。
    しかし、掌の下では、夜の未明には直接相手に脱力状態を打たれ、左腕全体が。ひとしきり酸っぱい麻で、しばら,く回復しなければならないかもしれない。

    手を伸ばして黄,さん。を抱き、気をつけて隠れた幹に隠した後、夜未明になってやっと葛昂守の死体を触った。非魚の顔の「ruzi可教」のような優しい笑顔を見て、でたらめを言うのは歯根がかゆいだけでなく,、彼にはわず。かな方法がない。