一方、刀妹はもう七串目の狼肉。を食べ始めたと,言って、夜の未明に「自分で食べないのか」と尋ねたことを思い出した。彼の「生死帳」を,取り戻しながら、平頭はありのままに言った。。

472章。剣譜付き番僧 (盟,主poonloに23/40を加える)
この。比武はやっぱりいいですね。ただ、勝手にゴミを10個片付けただけで、3000点の修業を収穫し,ました。この数字は高くないが、簡単には耐えられないことを知るには!

内功の心得: ,最高の内功記録。ある内功を指定して使用して、3000点の習熟度を上げるこ。とができます!
しばらくして、長楽が一行十余人のチームを。助けて、ついに木陰が姿,を現した。その中で石中玉はまだ血だらけで、困っているように見える。

林震南はみんなを客間に招待した後、彼に属していた太師椅子に座るのではなく、とても謙虚にみんなを客間の左側に座らせた後息子を連れてリビングの右の,椅。子に座った。
まず、范遥の武功解読は一人一冊の分割が終わった後、「全真剣法解読」が残った。牛志,春は見て「それ…&hell。ip; 」

夜未明にbossの落下物の中で最。大の利益のために自分のグランド義値を犠牲にしたくないよ,うに、他の人も任務のために最大のケーキを奨励したくない血本無帰のリスクを負う。夜の未明も戻らずに前進,を続け、ただ自分の右手を高く持ち上げて、okなジェスチャー。をした。

多くのプレイヤーの中で、夜の未明だけはいつものような,顔をして、穏やかに体を回して、笑顔を見。せた。
首を横に振って、夜未明に「私の料理の技能はレベル3で、焼いたものはとにかく食べられる。加えて、以前に小さな兄弟の指示を受けたことがあり、焼肉のコツを知っているだけだ。」と言いましたと言って、夜の未明にまた十数回のシリアル番号の狼肉を棚の上に置いて、二匹目。のバーベキューを,続けた。