「まして、私たちは多くの計算を経て岳不群と,左冷禅を導いた目的は彼ら。に私たちのために余滄海に対処させることではないか」と言いました
「私が先生に会いに来たとき、鹿清篤という15級のエリートに出会った。それでも、新人村を脱出したばかりのプレイヤーにとっては、非常に強。力な相手,です。」と言いました
茶屋,のような場所は、お金さえあれば自由に出入りできるわけではない。お茶やお茶を飲。みたいのではないか
刀妹は「あなたの目力は今こんなに強く。なって、こんな,に遠く離れていると、なんと高速で動く文字が見えるのか」と言われた。

ひそかにため息をついて、刀妹は欠けた「九,。陰白骨爪」で夜未明に旋回し続けるしかない。
「玉砕昆岡,」に付随する爆種時間はついに終わったが、今はすでに盛衰して。、悪果を受ける時になった!

  • 「このハスの葉の冬筍スープはあっ。さりしていて、翡,翠魚の丸い柔らかい香りがして、青々とした爽やかな口を脱いで、また阿碧娘の優しくて優しい気質と同じで、阿碧娘の巧みな手から来たに違いない」
    「はい!」と言いまし,た円真はうなずいたと聞いて、すぐに夜未明の功法の指導を始めた。「カオスは天地が乱れておらず、茫然としている。造化混元功を知りたいです。く。どくどと言って、くどくどと言って…… 」
  • 「グランド義永遠」というゲームでは、プレイヤーは武功を身につけるたびに、ある武功,がランク。アップするたびに、多くの悟りを生む。このようなひらめきに似た感覚は不思議だが、夜未明には、システムが養生倉庫の脳波接続設備を介して、武功の関連記憶を直接プレイヤーの頭の中に植え込んだ可能性が高いと推測されている。
    しかし、彼は夜未明に試練を受ける,ことを強要していた。。もし伝えられたら、それぞれの言葉を主張することもできるが、結局は彼の侠名に損をしている。

    洪七公が口をきかなくなったのを見て、すぐに穏やかに笑って、自主的に沈黙を破った。「そういえば、。私は七公の全蛇宴がまだ出されていないと約束した。淫賊が私たちの食欲に影響を与えたか,らといって価値がない。」と言いました
    ところで、これらの。隠れた設定が分からないので、自,分がゲームに入ってから、どれだけ良いものがベストな効果を発揮できなかったのか?

        雲冠はそっと首を横に振った。「プレイヤーが先。生を拝むと、本来は前後の順番がなく、門派npcも数万人のプレイヤーに席を出すことはできない、いわゆる兄弟子が言うと、ナンセ,ンスだ」
        夜未明のこの動きを見て、他の人は急いで。止めに来なかった,。

        流雲のしつこいことについて、小さな仲間たちはぼんやりと聞いていたが、夜未明に最後に「流雲兄の意,味は、そうだ、彼女。は安い」とみんなが理解できる翻訳をした。
        ええ、自己感覚の良いビッチ年はどこにでも見られますが、こ。のゲー,ムでは、チャット以外に何か考えがないようです。