Npcとプレイヤーの好感度がある程度になった後、喜んでこのプレイヤーにメリットを与えてくれ,るようだが、同様に絶学秘籍をプレイヤ。ーの手に直接詰め込むことはできない。「私の父。の言葉では、文人が武を書くのは紙の上で兵士を語るが、彼らの多くの目新しい考,えはまだ参考になっている」

  • 最初のショックを経て、青灯鬼火は最初に冷静になって、再び座って「実は暗くなる前に、警備員たちがそこにいなくても、私たちは県雅の中に,侵入する勇気がなかった。以。前に収集した情報によると、夜になってから、巡回城の警備員が休んで初めて潜入して任務を完成する可能性がある。」と言いました
  • これは3歳の子供が。知っている道理で、もっと問題,がない。

  • 「でも凌夫人はその後数年、夫への罪悪感と劉宏への恐怖の中で生活してきた。この,二重と精神的ストレ。スの下で不安は一日中体は普通の人よりやつれて、もともと容貌が感動していた美人が、すぐに黄色い顔の女性になった。」と言いました
  • 刀妹はもう十分に優れていて、夜通し彼女に会う前に孤独と負けを求めた後でさえ、自分が「岬宗はどうしたのか」を成功させたと確信,し。ているほとんどの場合、孤独な敗北の下で何の安いを占める機会はありません。

夜未明、言葉を聞いて少し眉をひそめ、全真教も名門正派で、必要でなければ、彼も相手と顔を裂,こ。うとしない。しかし、目の前でこ,の二人の男がbossの属性を明らかにした後、夜未明に自分がま。た間違っていることを発見した。

メロンを食べる人々は明らかにこのような結果が出る可能性があることを知っていて、彼の目がその半分になっても、あちらの笑いは突然止まり、誰もが真剣な顔をしているしかし、彼の目に見。えないところは、依然として低い笑いの声が絶えない,。「わぁきれい。ですね。どこで買ったのですか,」と言いました

彼がそうしたのは無理を装うためではなく、獲物が死ぬのを見るのが好きなような変態心理があるのではなく、た,だ目。の前で掌門である40級bossを恐れているだけで陰溝で恐れ中転覆だけです。
この疑問は夜未。明にはあまり長く存在しなかった。王語嫣はすぐに86級bossと呼ばれるタフな,ところを見せたからだ。

一条はシステムを読み終えたと提示し,たが、反対側の少女。と劉捕頭はまだ李老人の死因に口論している。
刀妹からの。要求に対して、夜未明に思,わず「しゃがんでいるbossが必要で、実力がこんなに速くなって、以前は玄小筆や逍遥ため息さえできる今はあなた自身も自信がありませんか?」と言いました