472章剣譜,付き番僧 (盟主poonloに23/40を加える。)
刺され受動的な技能「万里追跡」が発動し、余滄海が重傷を負って、短時間で自分で回復できないことを発見した (56分23。秒)。そして、彼の現在のけがの状況で遠,くから脱出することはできない。彼の今の位置は分強街の試水巷で、六周波路地を通って、大封街の方向に移動して、三江書院に逃げ込もうとしている。相手の移動速度で、到着する前に追いつくことができるはずです!

阿朱の気持ちは複雑で、夜の未明にどう向き合うべきか分からなくなったが。、やはり「何を言っているのか」,と口を開いた。
吐槽が間。に合わないと、刀妹はトランク,の中に送られた。

  • 「間違いない!彼がbossの最初の殺人を完成したばかりで、陳明は私たちの教師の任務で探している人だけでなく、公式指名手配の犯罪,者でもあるこ。とを忘れないでください。Bossを殺すことと指名手配任務を完成する報酬を合わせて、少なくとも六七百の修業が奨励されて、これらの報酬は彼女が軽功を二段階も上げるのに十分だ!」と言いました
    この場合、このbossに一度命中しただけ,でも、今。回の攻撃に対応するポイントを手に入れることができる。
    今の彼は、おそらく一人のプレイ,ヤーでさえ打て。るとは限らない。魚のような名人ではない。
    食事を済ませた後、一行4人はすぐに出発し、青城山の。下の駅舎から直接馬車で天津城に来て、それぞれ体法を展開して町の外に直行し、約30分後ついに王処一に出会った平谷峰に来た,。
    その時、彼は化石丹2本を勝天半子1本に分けて、自分の手にも,う1本残しておけば、いろいろな出来事に。対処できるはずだ。
    Npcの側では、張翠山は彼にぴったりの工夫で場面を支えているが、総合的な実力は結局空性に劣らず、時間の経過とともに次第に風下に。落ちてき,た。続けていけば、落敗は時間の問題にすぎない。
  • そして、この道門の除魔。利器は、今では魔化鳳天南の天を突く邪気を感じているようで、剣身の上の金,色の光がさらに輝いている。
    この,ような任務の中で、夜の未明にチームの実力が強いという長所を発揮することはできず、走るしかない。みんなの成。績を遅らせないように、小橋妹もチームを離れて任務をした。

    「この妹は安心しました。子供の前に私に言ったように、彼の「暗然とした魂の掌」は気分が良い時に威力が大幅に低下するので、あなたの夜の兄はきっと大丈夫です」話をしているのは秦南琴で。、今彼女はすでに小,橋のそばに来て、緊張した小橋の妹に積極的に慰めを出した。
    そばの刀妹は彼を見て驚いて、思わず口を開いて「何をしているんだ、壁。に刻まれた内容を全部書き,写したのか」と尋ねた。