資料によると、劉宏、李彪は黄河で役人を殺害した時、凌退思の武功は李彪の上にあるが、今彼が表現した戦。闘力は当初の李彪より,もはるかに劣っていた。
しかし、彼は夜未明に試練を受けることを強要していた。もし伝え。られたら、それぞれの言葉を主張するこ,ともできるが、結局は彼の侠名に損をしている。
  • 目が二人の上を走査した後、この大男の頭が急に目を輝かせ、興奮して「才,能のある武術奇才」と言った以前の段誉は一つで、出会ったばかりの流雲も一つで、こんなに早く三番目に出会ったとは思わなかった。最初の二人は私を師にさせることができなかった。どうですか。考えてみませんか」と言いまし。た
  • 刀妹が崖の頂上に登ったとき、やはり夜の。未明に両手を背負,って待っていた。
    1. この間,、飛鳩伝書は魚ではなく、三月に状況を聞い。て、すぐに戻ってきた。
      勝天半,子は「私の記憶の中で、彼はこの時確かに大理皇居にいるべきだった」。と手を広げた。
      1. 「私の勘定を頼りにしたいのはそんなに簡,単ではない。」と言いました夜未明は「こちらで子供を抱いているのは不便だから、書類を書いて、私が送った内容で書いてください」と自信を持。って答えた。
        今の左子穆は、前の凶悪な姿を変えて、泣いているよりも醜い笑顔を顔に出して、顔を舐めて言い。ました。「二人の少年、あなたたち二人とも公門侠聖、大仁大義です義薄雲天、天地英豪、豪気天……左某も,息子をかばったばかりで、その葉の二人の娘の脅迫の下で二人と手を出さなければならず、二人の侠聖大人の量を期待して、不思議ではない。」と言いました

        これまで、この青城四秀の首は、夜未明の事件で魚になって、板の肉は、彼が望。むことしか,できなかった!
        途中で奇妙になったり、奇妙になったり、物を,拾ったり、麻薬を飲んだりして青に戻ったりして、「混元功」の「吐納」効果の究極の発揮に合わせて夜未明はほとんど機械的な運。動を繰り返していて、わずか1時間もたたないうちに、山寨の玄関の外に進んだ。

        「そうです。」と言いました宋慈は穏やかに「納棺法を使用,する場合、使用する納棺道具の品質が良いほど、得られる。メリットも多い。
        やはり、こ,のようなシナリオタスクでは、多くの場合、プレイヤ。ーの表現を見なければならない。
        
        
        
        1. しかし、,話して。いるうちに、話題は再び段誉の生涯の大事になった。
          唐三彩は呆然としたと聞いて、何か言いたいと思った,が、夜未明に止めら。れた

          システム公。告:杭州城&h,ellip;…
          このように、田伯光は刀法のスピ。ードの優位性によって、硬生は三人の包囲の勢いを徹底的に引き裂いて、さらに,三人が別々の方向に後退することを余儀なくされた。