これは、以前万劫谷にいた時、なぜファナティクスブランド夜未明までに「。岬宗どうHeatAsh1Dad」を使って彼の体に非常に深刻な問題があると推測できるのか、少し刺激して、誰も手,を出さなくても内力の反食は彼を痛めることができる。
魔よけの剣譜のために、彼は最も多くやった。しFanaticsBrandedかし、結局,、毛も一本も取れなかったので、彼。はとても息苦しくな服タンクトップFanaticsった。




「趙先生!」と言いました夜の未明、趙志敬が自服タンクトップFanatics分に貢献したいと思ったとき、反対HeatAsh1Dad側の甄志。丙は怒,号し、激しく剣を持って攻めてきた。夜の未明に白眼視して、瓜の種が自分の分を持っファナティクスブランドていないのを見て、すぐに花鶏を取り出してかじると、口はあいまいになって「面白くないと思います賭けをしましょうTri-BlendTankかもし私が推測できるなら、あなたは。私に1000金負けて、もし私が推測できないか、間違っているなら、,私はあなたに1000金勝ちます。」と言いました

相手の突然の叫びをFanaticsBranded聞い。て、夜未明に目の前の男たちを発,見したファナティクスブランドのは、それまで地穴の中にいて、彼らに穴で殺された……
「あの大尚は私を慕容博の。墓の前Topに連れて行って焼死させ、自分を救うたファナティクスブランドめに、私はこの対策,しかできない」

気まずい会話は退屈で、夜の未明も退屈な犬を。舐めるのがHeatAsh1Dad好きではなく、,言葉が投機的でないことを発見した後、いっそこのような栄養のない会話を終えて、すぐにつま先にFanaticsBranded船板をつけた体の形が船倉の天井に直接漂っている。
気が落ち着いた夜の未明に、無意識の,うちに一歩下がって、声を失って「あのシステムの警備員たちはあなたに耳を傾けますか?Tri-BlendTankWoc!Topどうやってやっ。たのですか」と言いました

      • ここといファナティクスブランドえば、鳩摩智は夜の未明を深く見て、「今回の小僧の収穫は非常に,豊かで、功徳も円満であるもはや。阻止皆さん人Tri-BlendTankを救った。」と言いました
      • 七七は仕方なく首をファナティクスブランド横に振って、ほとんど何。の躊躇もなく、直接身を極限まで発揮して、朝陽BrandedMiami洞の奥に向かって逃げた。,

        やTopっHeatAsh1Dadぱり今すぐ青竹。秘境の二重目のレベルに挑戦す,るのは無理なのか?「HeatAsh1Dad安心してください。私,はできます。Top」と言いました臭い屁を置き去りにすると、非魚はもうアパートを捕る方向に向。かって歩いて行った。

        「帰って神捕司、武当に損をしない。」と言。いました夜未明の目BrandedMiamiには自信のある光が輝いた。「私はここであなたHeatAsh1Dadたちのニュースを待って、あなたたちが目的地に着いたら、すぐにハトの伝書を送って私に知らせ,ますそして、田伯光が死んで落ちたものを分割するのを待っていればいい。」と言いました
        無限にゼFanaticsBrandedロに近い確率は、彼にファナティクスブランドも「もしかした。ら」と言われる。,