殷不損は。明らかにその高さに達していないので、彼が書いた攻略も非常に簡潔で、夜未明には1時間半もたたないうちに、全部,読んでしまった。夜未明の目にはっきりした色がよぎったとき、向こうの5人の男の表情もリラックスした。明らかに、彼らの中にはポイントランキングの。変化を発見し、チームチャンネルでコミュニケーションを行った人も,います。

上記のようなシーンは、夜の未明と交差するプレ。イヤーごとに発生している。,
今の夜未明には、「易,筋鍛骨章」と「混元功」という二つの門はすでに彼に完成した内功を修練されているほか、第三門の内功は存在していないだから、一時的に「易筋鍛骨章」がいっぱいになった後の「鍛骨」の特殊効果が力になったかどうかはテストできないが、この工。夫がいっぱいになった後彼の周りの属性は大幅に向上した。
      • さらに、死体を収めた余滄海が得た「内功心得」と,「剣術心得」の各一冊、死体を収めた青。城西秀が得た「剣術心得」の四冊である。
      • 夜未明には「こんなにすごい,相手は、どうやって逃げたの?」と言。われた。

      二人はこんなに長い間付き合っていて、夜の未明にも口を開いて指導し始めた。しかも、,彼の声は三月よりも数デシベル。大きいようで、王語嫣のささやきではない。宋慈はトークンを見て、夜の,未明に目を向け、「。私の能力を学びたいなら、私の試練を完成しなければならない」と言った。

      結局彼らはこの。スパイ局に来てダーツを頼んだのだから、相手はどんな,に強くても、彼らのお客さんたちをどうしたらいいのだろうか
      私は去勢版の非魚として使え,る黄さんは、こんなになくなってしまった。……
    • その時、隣の橋も「そういえば、,この王府の地図はも。う点灯しているよ」と口を開いた。「ツア,ーリーダー、。この剣法は私に1冊交換してくれませんか。」と言いました